BRAND DESIGN

RECRUIT
BRANDING

[採用ブランディング]

採用ブランディングにおいて重要なことは、ターゲットを明確化させることです。ターゲットに合ったコミュニケーション方法で企業のブランド価値や採用コンセプトを伝え、「欲しい人財」の採用へとつなげていきます。

採用ブランディング

採用ブランディング

企業の発展のために重要な「人財」。特に新卒採用に関しては、特定の学生への内定が集中しており、内定許諾の獲得や内定辞退の低減など課題が山積みです。わたしたちは、競争が激化している新卒採用において、「欲しい人財」確保のためにできる採用ブランディング施策を考案していきます。

ターゲットの明確化

欲しい人財像を明確化し採用基準を設けることで面接担当者による情緒的判断のばらつきを抑え、結果的にミスマッチの減少へとつなげます。また成果を正確に計測することもできます。企業にとってどのような人財が必要であるかは、「過去」」「現在「未来」の会社の状態や文化や風土等を考えた上で設定していきます。

採用コンセプト

「企業理念」と「欲しい人財像」を元に採用コンセプトを考案します。これを採用指針とし、コンテンツやビジュアルを統一化することで採用ブランディングを成功へと導きます。採用コンセプトやキャッチフレーズは、他社との差別化を図るため一般的にありふれた言葉の使用は極力避けます。

コミュニケーションの最適化

学生は業界や職種に対する知識はほぼ持っていません。そのような学生に対し、コンテクスト(文脈)を最適化させ学生目線で各ツールを制作します。また、採用活動時期により伝えるべき内容も変わりますので、ジャーニーマップを作成し、心理変容を把握することでエントリーへと導きます。

新卒リファラル採用・人中心設計

就職活動においてエントリーの判断に大きく影響するのが「社員」。社風や文化をリアルに伝えることができる「社員」とコミュニケーションにより、学生の情緒的な心理変容を促すことが可能です。また、人としてのつながりを強化することで、内定者辞退を低減させていきます。

各種ツールの制作

採用サイトやDM、冊子などのツールで、採用コンセプトやブランド価値、社風や文化を伝えること企業理解を促進させます。また、各企業が一括採用を行っている新卒採用では、他社との「差」を各ツールで明確に伝え、学生への印象を強めることが必要になります。

ブランディングに関する無料相談・
お問い合わせ